オーガニックメソッド®のオーガニックネイルとは


オーガニックコスメのニーズが高まり安心な化粧品が充実してきています。しかし、ネイルに関しては例外で、安全やオーガニックに配慮した製品や施術工程がほとんど存在しませんでした。そもそも、ジェルネイルは化学物質がベースになっています。ですから100%オーガニックにすることは不可能ですので開き直っている業界だったとも言えます。安全にこだわりたいならネイルは止めるしかない、と考えられていました。

 

でも、何とかして楽しみたい。少しでも良い方向へ可能な限りの努力をしてみる。そんな中から生まれたのがオーガニックメソッド®オーガニックネイル施術です。

 

有害な部分を最大限に減らす努力。

オーガニックや体に良い部分を極力増やす努力。

 

オーガニックコスメにこだわってきた自分自身が、ネイルも安心して楽しみたいという一心から、開拓してきたノウハウです。オーガニックコスメにこだわる方たちに、100%オーガニックではないけれど、ぜひ少しでも多くの安心、もっと安全をお届けしたいと願っています。そのため2017年より、使用するジェルやワイプ類を、マックスオーガニック®オリジナル製品へと切り替えています。製品の研究開発は時間がかかるものであり、これからもより良いものへと進化していきます。

 

現在、ジェルは、有害度を減らた原材料を使用し、弱酸性で、オーガニックエキスを取り入れた化粧品許可を受けたものであり、施術工程においてはアセトン、アクリル、キューティクルニッパーを一切使用しないで非常に美しく仕上げるオーガニックメソッド®での施術を行っています。工程は少し手間をかけますが、出来上がりは一般のジェルネイルと遜色なく美しく仕上げることが可能です。抜群にツヤのある仕上がりで、爪の形を美しく整えながら施術を行う方法です。安全にこだわっているカラーも美しくてとても人気があります。

 

・3週間はとれません。

・自分の爪を強く補強でき、いくらでも伸ばせるようになります。

・またアレルギーも起きにくくなります。

※(体質や生活条件等により例外もあります) 

 

こだわるためには、施術の技術も重要です。素材だけを取り入れれば良いわけでもありません。

 

 

マックスのオーガニックメソッド®で扱うもの

1)爪と体の健康に悪いと思われる、あらゆる成分を極力排除

使わないもの

●合成、あるいは薬品抽出された化学薬品を含む「エタノール」

●ジェルネイルのオフに使用する「アセトン」

●爪の表面のたんぱく質を破壊させて定着度を高める「プライマー」

●細胞膜を溶かす水酸化カリウムで甘皮をやらかくする「キューティクルリムーバー」

●爪への定着を良くするために、たんぱく質を破壊する成分を含む強酸性の「ノンサンディングジェル」

●化粧品使用に許可されてない色素や有害物質を含む雑貨扱いのジェル

●最後に甘皮に塗る石油系化学物質の入っている「キューティクルオイル」 (合成香料、合成着色料など)

●粘膜を傷付ける可能性のある甘皮ケアのための「キューティクルニッパー」

●チップでの長さだしに使用する「ネイルグルー」

●ネイルグルーと同時に使用する「アクティベーター」

 

 

2)爪と体の健康を改善し、健康をもたらす成分を使用

使うもの

●手の消毒・殺菌には、口に入れても無害なものを使用。

●ワイプに含まれるエタノールはオーガニック植物由来の天然のものを使用。

●ジェルは弱酸性で、かつHEMA、及びアクリル酸を含まないものを使用。

●ジェルには爪を保護し強化する目的の植物エキスを配合。

●雑貨扱いのジェルも流通してる中、日本の化粧品登録になった製品を使用。

●ジェルはセミハードでフィルインでの施術。

●植物純度100%のオーガニックアロマを適切な割合でオーガニックキャリアオイルでブレンドした特性アロマオイルを使用。最後にキューティクル周り、爪、手に栄養を補給。フロクマリンレスで美肌効果が高く肌への美容液として使用でき、さらに髪、傷、やけどにも使用可。

●粉塵の吸引対策にダストクリーナーを使用し、さらにお客様にもマスクをお渡しする。

 

 

安全を最優先にしていますので、爪にも体にも大変優しい素材を厳選しています。自分の爪が弱くなってしまいスカルプで爪を長くしているネイリストが多い中、もともと爪が弱い方でも長く伸ばせて自分の爪だけでアートできるようになります。時間をかけて自分や子供への健康をおびやかす蓄積害などの不安を考慮した健康を第一のオーガニックを取り入れたネイル技術です。傷ややけどなどにも使えるような、使わないより使った方が良い成分を使った施術を習得できます。

 

 

使わない物の詳細

体に有害と言われる成分を極力使わないという事にこだわっています。

 

<アセトン>

一般には、ジェルのオフにアセトンを使用します。

アセトンは、石油系の有害物質で、素手で扱うべきではなく、指や爪のみならず、皮膚や呼吸から体内に少しづつ吸収され健康を損なう恐れのある物質です。使用しているだけで、血液、内臓、生殖毒性、胎児への悪影響などがありプラスチックをも溶かす物質です。アセトンメーカーは、保護手袋、保護マスクを使用するよう指示しています。サロンでは説明ないままそのアセトン原液をコットンに取り、アルミで包んで10分以上爪先にパックすることでジェルをオフしています。大変危険であり有害だと考え、当スタジオではアセトンを使いません。 ファイルでオフしていきますが、硬度の高いオーガニックジェルを使います。セミハードのジェルは、途中で爪表面を剥がしにくく、傷めにくい状態でオフできます。

 

<エタノール>

一般的に広く手指消毒に使用されているエタノールは化学合成のものであったり、さらにはその他の化学成分が含まれてるものが大半です。人間の皮膚を被っている常在菌までをも殺菌するくらい強力ですが、ばい菌などから守ってくれる優良菌が殺菌されてしまうと、逆に人体には有害となってしまいます。天然の植物発酵エタノールには微量栄養素がたくさん含まれており、合成のものに比べ肌へのやさしさが全然違います。繰り返し使用するエタノールは自然の発酵・蒸留をだけで製造された安全なものを使用します。

 

<アクリリック>

ネイルの長さ出しをすることをスカルプとかエクステと言いますが、一般にはアクリルで人工爪を作っていきます。液体と粉末を混ぜて、筆を使いながら爪の上で作っていきますが、強烈な薬品臭を伴い、大変有害な化学物質です。

オーガニックメソッド®では、爪の長さだしに、こだわりのジェルを使用します。安全にこだわったオーガニック成分配合ジェルはほぼ無臭でありながら、アクリルより持ちが良く、美しい長さ出しを簡単に行うことができます。

 

 <プライマーやボンド>

爪への定着を良くし、長持ちするように健康な爪表面のたんぱく質を破壊させる成分。 

 

<グルーとアクティベーター>

グルーは瞬間接着剤です。より早くグルーを乾かすためにさらにアクティベーターという薬品を使用します。霧吹状にグルーの上から吹き付け、揮発する成分であり、大変有害な化学物質。

 

<キューティクルリムーバー>

爪に密着している甘皮をするりとはがすために使うマニキュア型の容器に入ったもの。配管内の詰まりや髪を溶かしてしまう水酸化カリウムを薄めたものであり、これを使用せずに同等に美しく短時間でネイルケアできるようになります。

 

<キューティクルニッパー>

甘皮やルースキューティクルなどを全く切り取ったりせず、自然に美しい甘皮まわりのケアを行います。ささくれになることがありません。

 

 

それにより、ネイルサロン特有のにおいもなく、爪も保護され体にも安全です。

一般にネイリストという職業は体を壊し3年で辞める人が多いと言われますが、有害物質を避ける事で健康を損なわないよう工夫をこらし、安全に楽しく続ける事ができるようになります。